胃内に生息する胃炎・消化性潰瘍の原因となる菌です。また、近年ではピロリ菌の存在が胃がんのリスクを高めることも分かってきています。

ピロリ菌が陽性の場合には、1週間の抗生剤等の内服(除菌療法)で約80%除菌できます。(不成功の場合には追加の除菌を行います)

登場人物B
当クリニックでは、検尿検査によるピロリ菌検査(自費)を施行できます。結果は約20分ほどです。興味がある方は、スタッフにお尋ねください。