傷の種類・対処法

基本的な処置方法 水道水やよく泡立てた石鹸でしっかり洗浄 ⇒汚れや異物の除去が目的。除去できない場合には綿棒・・・・

身近な注意すべき外傷

口の外傷 外陰部外傷(陰部・おまたの怪我 上肢(手・腕)の外傷 肘内障・上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折 足の怪・・・

肘内障(ひじの脱臼)

上肢(手・腕)の外傷 肘内障(ひじ関節の脱臼) 子供が転倒し、起こすために手首を急につかんで引っ張った。その後・・・

  • 口の外傷
  • 外陰部外傷(陰部・おまたの怪我
  • 上肢(手・腕)の外傷
    肘内障・上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折
  • 足の怪我
    スポーク外傷(自転車の車輪での足のかかとの怪我)
  • 頭部外傷

口の外傷

口唇外傷


走って転倒し、その際にあごを打った。その後口の中に少量の出血と唇が腫れている

  • 床と上の前歯に挟まれて下唇が貫通している事が多い!!
  • しっかりと観察しないとわかりにくい。そのままだと感染しやすい
  • 早めにクリニック・病院でチェックしてもらう方が良い

 

上唇小帯切離(上唇と歯の間のすじ)・舌小帯切離(舌の裏のすじ)

受傷は上記と同じ。パッと見た感じで、口の中に出血があるが、どこからかはっきりしない。

  • 基本的によく口をゆすいで経過観察。早目に受診してチェックしてもらう方が安心

舌外傷


走って転倒し、その際にあごを打った。その後口の中に少量の出血

  • 上の前歯で舌を受傷している事が多い
  • 舌に幅5mm以上の傷または深そうな傷を確認できたらならば早急に受診!!
    (舌はもろく裂けやすい。また、受傷後に無意識のうちに前歯でこすってしまい、傷が大きくなるケースが多いため)

*時代劇の様に舌を噛んで死亡する事はない!(舌を噛む事で反射が起こり舌が喉に詰まり窒息する?)
 
 

外陰部(おまた)外傷


ブランコから飛び降りた際に棒でおまたを打った。または、自転車から降りるときにおまたを打った

  • 受傷部位(赤斜線部 図1)は、男児・女児ともに尿道(おしっこの通り道)に近い
  • 見た目は大丈夫でも奥の尿道が損傷している可能性がある
    (怖がって見せてくれない場合でも、実際に見て受傷部位を確認する事が大事)
  • 必ず排尿(おしっこ)できるか確認!!
  • 排尿困難または血尿(+)の場合には、早急に受診
    (尿道損傷であれば緊急手術が必要な場合があり、時間との勝負!!

 

上肢(手・腕)の外傷

肘内障(ひじ関節の脱臼)

子供が転倒し、起こすために手首を急につかんで引っ張った。その後痛がって腕を動かさない

  • 早急にクリニック・病院受診し整復(脱臼をなおす)してもらう
むやみに整復すると神経損傷や骨折を誘発する可能性がある⇒整復は必ず医療機関で施工してもらう!

 

上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折

走って転倒し、その際に手をついて受傷。その後肘部分を痛がり動かせない

  • 早急にクリニック・病院受診しレントゲン検査・処置が必要

 

足の外傷(スポーク外傷)

子供が自転車乗車中または、子供を自転車(特にうしろ)に乗せていて、走っている最中に子供のかかとが車輪に巻き込まれて受傷

  • 汚い車輪での受傷のため汚染されかつ挫滅(ざめつ)された傷
  • アキレス腱等の組織が損傷されている可能性もある
  • 早期の十分な洗浄と適切な処置が非常に大事(できれば自宅等で簡単な洗浄後)

早急にクリニック病院受診し、処置してもらう

 

頭部外傷

起こりうる事(重症の場合)

頭蓋骨骨折・脳震盪(のうしんとう)・頭蓋内出血

受傷後6時間以内が重要!!

重症の場合は、1時間以内に嘔吐等の症状が発症する。また、重症でなくても6時間以内に頭蓋内に変化が起きる事が多い。
その為、できる限り受傷後6時間以内の受診が望ましい。また、受傷後24時間は必ず注意深く患児を観察する事が大事
 

危険な症状

けいれん・重度の頭痛・繰り返す嘔吐・骨の陥没・傾眠傾向・耳鼻から水が垂れる

早急に救急病院受診!!

 

受診後すぐに泣いたら大丈夫?

重度の脳震盪(のうしんとう)の場合、受傷時の脳震盪による意識消失のために泣かない事があります。しかし、泣いたとしてもその後の注意深い観察が必要です。

翌日以降注意する事は?

1歳以下の乳幼児は、稀に受傷後3週間~6ヵ月に慢性硬膜下血腫を発症します。
継続する嘔吐・継続する不機嫌・手足の片側を動かさない等の症状が出てきた場合には早期に受診

縫合術施行後(けがの傷を縫った)帰宅後注意事項