基本的な処置方法

  1. 水道水やよく泡立てた石鹸でしっかり洗浄
    ⇒汚れや異物の除去が目的。除去できない場合には綿棒・歯ブラシを使用。(綿棒・歯ブラシでの洗浄は出血を伴う事もあり、できればクリニック・病院での処置が望ましい)
  2. 水分をガーゼ(できれば滅菌ガーゼ)でしっかり吸収する。こすると出血する事があるため、押し当てる
  3. 創部をしっかり観察し、絆創膏やキズパワーパッド等で傷を覆う
傷薬はむやみに使用しない!!

(傷薬といっても様々。誤った使用法で障害や感染を悪化させる事がある)
 

よくある質問

消毒は?

必要なし!!皮膚の再生に必要な細胞を傷害する。
(動物に咬まれた等の汚染時には消毒が効果的な場合もある)

病院・クリニックへの受診は必要?

基本的には、軽度な摩過傷(擦り傷)以外は受診したほうが良い(傷の治療は、はじめが肝心!!

  • 緊急受診⇒止血できていない。動物に咬まれた(感染の可能性が高いため)
  • 早急に受診(できれば6時間以内)⇒皮下組織より深い傷(黄色いぶつぶつしたもの【脂肪】が見える傷)広い範囲の摩過傷
  • 早目の受診(できれば12~24時間以内)⇒軽度の傷(摩過傷等)感染時のチェック目的