概念
精巣捻転症とは、精索を中心軸として精巣と精巣上体が捻転することにより、精巣および精巣上体のうっ血さらには壊死に至る疾患である。急性陰嚢症の代表的な疾患であり、早急な診断と処置が必要である。頻度は4000人に1人であり、思春期と新生児期に多いが全年齢で起こりうる。1)

 

症状
新生児では無症状で偶然発見される症例もあるが、多くは、突然起こる陰嚢部の強い痛みと発赤・腫脹で発見される。時に、嘔吐などの消化器症状を伴うこともある。
明らかな誘因がなく発症することが多く、夜間特に明け方に発症することが多い。図1:左精巣捻転・左陰嚢部の発赤と腫脹

 
 
 

診断
突然起こる陰嚢部の強い痛みと発赤・腫脹で当疾患を疑う。疼痛のため十分に触診ができないことも多いが、精巣の牽引による疼痛の変化や、精巣の挙上による疼痛の増強(Prehn徴候 陽性)を調べる。
精巣上体炎では疼痛は減少する(Prehn徴候 陰性)。精巣上体炎や精巣垂捻転との鑑別のため、尿検査・超音波検査(ドップラー検査)・精巣シンチ等が行われることがある。2)ただし、精巣を温存するには時間との勝負であるため、いたずらに検査に時間をかけてはならない。

 

治療
徒手による非観血的整復と手術による観血的整復があるが、非観血的整復は不確実であり、疼痛のため十分に行えないことも多いため、観血的整復が推奨される。
また、精巣捻転の診断がつくか、否定しきれないときには緊急手術の適応となる。一般的には、発症後6~8時間以内に捻転を解除すれば精巣の機能の回復が望めると考えられているが、捻転の程度によっては24時間後でも機能が回復したとの報告もある。3)

図2 精巣解剖(右精巣)

図3 右精巣捻転
右精巣:捻転のためうっ血
左精巣:正常
図4 壊死した精巣
腫脹捻転により精巣は壊死
豆知識
突然発症することが多く、日頃からの注意が必要である。捻転が確定しない症例もあるが、時間との勝負であるため、早急に専門医への受診が重要である。
また、比較的年齢が高い症例が多いため、患児本人の不安や心配が増大する症例も多く、患児本人のメンタル面でのサポートも重要である。

 

文献
1) Williamson RCN : Torsion of the testis and allied conditions. Br J Surg 63 : 465-476, 1976
2) Ragheb D : Ultrasonography of the scrotum: technique, anatomy, and pathologic entities.. Surg Clin J Ultrasound Med. Feb;21(2):171-85. 2002
3) Tajchner L : Management of the acute scrotum in a district general hospital: 10-year experience. ScientificWorldJournal. Apr 28;9:281-286 2009

  • 小児外科看護の知識と実際 (臨床ナースのためのBasic&Standard)メディカ出版 (鼠径部・泌尿生殖器)