アデノウイルス感染症(咽頭結膜炎(プール熱))

アデノウイルス感染症とはかつては夏にプールを介して感染することが多かったため“プール熱”と呼ばれていました。潜伏期間は3~7日です。
症状 症状
発熱(上がったり下がったりが2~5日間。1週間以上継続することも)・のどの痛み・目の充血や目ヤニ(結膜炎)・腹痛・下痢・血尿(出血性膀胱炎)
発熱やのどの痛みはないが目の充血や目ヤニが多い場合はアデノウイルスによる流行性角結膜炎(はやり目)です。
診断方法 診断方法
発熱・のどの所見で疑いがあれば、迅速検査キット(のどについた細菌を綿棒で拭って測定)で検査します。5~10分で結果が出ます。
治療 治療
アデノウイルスに対する特効薬はなく、対症療法(それぞれの症状に対して治療)のみです。
登園・登校許可 登園・登校許可
  • 咽頭結膜炎
    発熱等主症状がなくなってから2日間以上経過したのちに登園・登校できます。許可証の必要の有無にかかわらず、必ず医師の診察後に登園・登校してください。(学校保健安全法 第3種学校感染症指定)
  • 流行性結膜炎
    伝染の恐れがなくなるまで登園・登校はできません。許可証の必要の有無にかかわらず、必ず医師の診察後に登園・登校してください。(学校保健安全法 第3種学校感染症指定)
予防 予防
“熱い”“辛い”“酸っぱい”等のどに刺激が強いものは避けてください。なるべくのど越しが良いものが良いですが、無理せず水分だけは十分に摂取してください。ウイダーインゼリーは飲みやすくお勧めです。
入浴 入浴
解熱するまでは控えてください。
その他 その他
7日経っても解熱しない場合、または症状が悪化してきている場合は、他の感染が合併している可能性もあるため必ず早めに受診してください。

RSウイルス感染

好発年齢 好発年齢
2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染します。2歳以降は一生再感染の可能性があり、何度も感染します。冬季に発症するケースが多いですが、近年は夏季から流行が始まることがあります。感染力が強く、暴露した人の約40%が発症するとの報告もあります。潜伏期間は2~8日です。
症状 症状
発熱・鼻汁(悪化すると)→咳の悪化・喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒュー)・多呼吸・経口摂取不良約3~5%の患者が重症化し、入院の可能性が出てきます。6か月以下の乳児や高齢者、または心疾患を持つお子様は重症化しやすいです。通常は約1週間で軽快します。
診断方法 診断方法
迅速検査キット(1歳以上は自費)で検査します。鼻に細い綿棒を挿入して検査します。5~10分で結果が出ます。
治療 治療
対症療法(それぞれの症状に対して治療)のみです。呼吸器症状に対する治療をすることで重症化のリスクは抑えられます。また、脱水症状が重度の場合には点滴治療を実施することもあります。
登園・登校許可 登園・登校許可
症状が落ち着き、経口摂取が問題なければ登園は可能です。許可証の必要の有無にかかわらず、必ず医師の診察後に登園してください。
食事 食事
“熱い”“辛い”“酸っぱい”等のどに刺激が強いものは避けてください。なるべくのど越しが良いものが良いですが、無理せず水分だけは十分に摂取してください。特に母乳がメインの乳児はお母様も十分に水分を摂取してください。ウイダーインゼリーは飲みやすくお勧めです。
入浴 入浴
解熱するまでは控えてください。
予防 予防
  1. 十分な手洗い・うがい
  2. 感染者との接触をなるべく避ける
  3. 早産未熟児、慢性肺疾患、先天性心疾患児に対しては抗RSウイルス単クローン抗体(シナジス)を予防的に摂取できることがあります(公費の場合には接種可能な条件があります)

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは夏風邪の一種です。(手足口病より高熱で、手足に発疹がないことが特徴です)

好発年齢 好発年齢
患者のほとんどが小児で、成人が発症することもあります。潜伏期間(感染後症状が出るまでの期間)は3~6日です。
症状 症状
(手足口病より高熱で、手足に発疹がないことが特徴です)
発熱(39度以上 1~3日間)・のどの痛み
診断方法 診断方法
症状から診断します。現状では迅速検査等はありません。
治療 治療
特効薬はなく、対症療法(それぞれの症状に対して治療)のみです。
登園・登校許可 登園・登校許可
解熱しており、食事摂取が可能ならば登園・登校は可能です。
合併症 合併症
脱水症 等
入浴 入浴
解熱するまでは控えてください。
その他 その他
感染は感染者の咳やくしゃみ(飛沫感染)や接触感染によるもの、また主にウイルスが2~4週間便中に排泄されるため便からの感染があります。手洗い・うがいまた感染者のオムツ処理後の手洗い等をしっかりしましょう。

手足口病(テアシクチビョウ)

手足口病とは夏風邪の一種です。

好発年齢 好発年齢
患者のほとんどが小児で、5歳未満の発症が約80%を占めます。しかし、成人が発症することもあります。潜伏期間(感染後症状が出るまでの期間)は3~6日です。
症状 症状
発熱(1~3日間)・のどの痛み・手足の発疹(3~5日間)
診断方法 診断方法
症状から診断します。現状では迅速検査等はありません。
治療 治療
特効薬はなく、対症療法(それぞれの症状に対して治療)のみです。
登園・登校許可 登園・登校許可
解熱しており、食事摂取が可能ならば登園・登校は可能です。皮膚の症状は完治していなくても大丈夫です。
合併症 合併症
脱水症・髄膜炎
また、発症後数週間後に爪が剥がれることがあります。その際は念のため受診をお勧めします。
食事 食事
“熱い”“辛い”“酸っぱい”等のどに刺激が強いものは避けてください。なるべくのど越しが良いものが良いですが、無理せず水分だけは十分に摂取してください。ウイダーインゼリーは飲みやすくお勧めです。
入浴 入浴
解熱するまでは控えてください。
その他 その他
感染は感染者の咳やくしゃみ(飛沫感染)や接触感染によるもの、また主にウイルスが2~4週間便中に排泄されるため便からの感染があります。手洗い・うがいまた感染者のオムツ処理後の手洗い等をしっかりしましょう。

水いぼ

水いぼ(伝染性軟属腫:でんせんせいなんぞくしゅ)について

”水いぼ”を取る・取らないは医師の間でも意見が分かれます。幼稚園・保育園・小学校によっては、プールに入れる条件として取る事を勧められることもあります。
するがこどもクリニックでは、痛み止めのテープを使用して処置いたします。(アレルギー等で使用できない方もいらっしゃいます。痛み止めの効果に関して個人差があります。

処置の流れ

  1. 出来れば予約を取っていただき、”水いぼ処置希望”とご入力ください。予約なしの場合は当日受付でお伝えください。

  2. 診察時にテープを患部に貼ります。

  3. 20~40分待合室で痛み止めが効くまで待ちます。(副作用が出る可能性もある為、必ず院内でお待ちください。また、予約を取っている場合は、予約時間の30~40分前に受診していただくと予約時間付近に処置できます。

  4. 処置施行(約10分程度)

  5. 出来る限り翌日再診していただき、処置部位をチェックさせていただきます。

注意事項

  • 処置当日はシャワーのみ可能です。
  • 処置当日は激しい運動等は控えてください。
  • 入浴やプールは処置翌日以降の診察後可能となります。(診察時にご指示いたします)

花粉症

4大症状:くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ

花粉症のセルフケア 花粉症のセルフケア
  • 花粉情報をチェックし、花粉が多い時期の外出時はマスクやメガネを使用する。
  • 帰宅時、玄関前で服や髪に付いた花粉をよく払って家に入る。
  • こまめな手洗い、うがい。
  • 室内の掃除をこまめに行う。(特に窓際)
  • 花粉が多い時期は洗濯物や布団の外干しを控える。
花粉症の治療 花粉症の治療
  • 治療薬
    抗アレルギー内服薬・点鼻薬・点眼薬・漢方薬(授乳中妊婦の方でも使用できる薬があります。医師にご相談ください)
  • 開始時期
    花粉が飛び始める前、または症状が出始めたら早めに開始する(初期療法)がポイントです。初期療法で症状を軽くできることが近年報告されています。
  • 眠前の処置が大事!!
    ある研究結果では、朝に花粉症の症状がひどくなると報告されています(モーニングアタック)。布団に付いた花粉による影響や、朝に花粉症の症状の原因となる体内の好塩基球が増加する影響などが考えられます。そのため、眠前の処置(手洗い・うがい・内服・点眼・点鼻)が有効である可能性があります。
その他 その他
  • かぜと何が違うの?
    かぜは1週間程度で改善しますが、花粉症は2週間以上続くことが多いです。また、花粉症では透明でサラサラな鼻水であるのに対し、かぜではドロドロのことが多いです。しかし、実際は花粉症とかぜの引きはじめの区別は困難です。
  • 子供も花粉症になるの?
    花粉が飛び始める前、または症状が出始めたら早めに開始する(初期療法)がポイントです。初期療法で症状を軽くできることが近年報告されています。
  • 眠前の処置が大事!!
    近年子供の発症率が上昇しています。また、かぜの初期症状と似ているため気づかれていない可能性も指摘されています。子供の場合、くしゃみより鼻水や鼻づまりが主な症状のことが多いです。さらに妊娠がきっかけで花粉症を発症する女性がいらっしゃいます。詳しい原因は不明ですが、妊娠による体内ホルモンのバランスの変動が原因と考えられます。授乳中妊婦の方でも使用できる花粉症薬があります。お気軽に医師にご相談ください。

感染症後の登園・登校許可の目安

第二種 第二種
  • インフルエンザ
    発症5日かつ解熱してから2日経過(幼児は3日間経過)
  • 水痘
    発疹が痂皮化したら
  • おたふく
    耳下腺腫脹が始まってから5日経過し、全身状態良好
  • 麻疹
    解熱後3日経過
  • 風疹
    発疹消失
  • プール熱(アデノウイルス感染症)
    解熱ならびにその他症状が改善してから2日が経過
  • 百日咳
    咳がなくなる、または5日間の抗生剤治療後
  • 結核
    伝染の危険性がなくなった
第三種 第三種
  • 腸管出血性大腸菌(O157)
    伝染の可能性がなくなった。
  • 流行性角結膜炎
    伝染の可能性がなくなった。
  • 急性出血性結膜炎
    伝染の可能性がなくなった。
その他 その他
  • 溶連菌
    抗生剤を1日以上内服し、解熱している。
  • ヘルパンギーナ
    解熱かつ食事ができる。
  • 手足口病
    解熱かつ食事ができる。発疹の残存は問題なし。
  • 伝染性紅斑(リンゴ病)
    解熱かつ食事ができる。発疹の残存は問題なし
  • マイコプラズマ
    症状改善し、基本的に元気
  • 嘔吐下痢症
    症状改善し、全身状態良好
  • hMPV・RS
    解熱し、呼吸器症状改善
通常出席停止はない
  • しらみ
  • みずいぼ(伝染性軟属腫):プールの際に条件あることもある
  • とびひ(伝染性膿痂疹):集団の場では被覆が必要。プールは治癒まで不可

 許可証作成希望での受診の際は、できる限り体温表を持参してください。
 登園・登校許可証の必要・不必要ならびに指定の用紙に関しては各保育園・幼稚園・学校に確認してください。

(用紙に関して指定がなければ、受診時に当院使用の用紙で許可証を作成できます)

感染症後の予防接種間隔について

治癒していれば接種可能 治癒していれば接種可能
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)
治癒後2週間以上あけるもの 治癒後2週間以上あけるもの
突発性発疹百日せき伝染性紅斑(りんご病)
ヘルパンギーナ単純性ヘルパス咽頭結膜炎(プール熱)
流行性角結膜炎インフルエンザRSウイルス
手足口病溶連菌アデノウイルス
ヒトメタニューモウイルス

治癒後4週間以上あけるもの 治癒後4週間以上あけるもの
麻疹(はしか)風疹(三日はしか)流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
水痘(水ぼうそう)帯状疱疹マイコプラズマ肺炎
ノロウイルス

何歳まで小児科?何科に受診すればいいの?

何歳まで小児?

内科疾患外科疾患泌尿器科その他専門科
15歳未満
(中学生以下)
小児科小児外科小児泌尿器科整形外科
脳外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科 等
15歳以上
(高校生以上)
内科外科泌尿器科整形外科
脳外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科 等

複数科標榜のクリニックは広い年齢層を診察している場合が多い

何科にかかればいいの?

小児科小児外科小児泌尿器科整形外科
口腔のけが
外陰部(おまた)のけが
手・足のけが
頭部のけが
顔のけが
咬傷(かまれたけが)
熱傷(やけど)
眼のけが

脳外科眼科皮膚科
形成外科
口腔外科
口腔のけが
外陰部(おまた)のけが
手・足のけが
頭部のけが
顔のけが
咬傷(かまれたけが)
熱傷(やけど)
眼のけが

救急病院の多くは全て対応可(但し小児外科専門医が常駐する県内の施設はほどんどない)

嘔吐物の処理方法

ノロウィルス・ロタウィルス
感染力が強く、乾燥した場所でも約10日間生存する
石鹸や消毒用アルコールは無効。塩素系漂白剤のみ有効

(塩素系漂白剤:ハイターやブリーチ等次亜塩素酸ナトリウムと表記してあるもの)

  1. 手袋・マスク・エプロン(すべて使い捨て)着用
  2. 便・嘔吐物は拭き取り(新聞・キッチンペーパー)、ビニール袋に入れる(ちり取り等は、使用しない!⇒感染を広げる
  3. 拭き取った跡にペーパータオル等をかぶせ、50~100倍に薄めた塩素系漂白剤をかけた後に再び拭き取る(2回)
    ⇒100倍希釈:500mlペットボトルの水にキャップ1杯(約5ml)の塩素系漂白剤
  4. 手袋・マスク・エプロン・2を2重のビニール袋に入れて捨てる

原則は)汚れた服は100倍に薄めた塩素系漂白剤に10分ほど浸す。その後他の洗濯物とは別にして通常洗濯

普段からの手洗いうがいが大事(特に食前・トイレの後)
嘔吐物は乾燥する前に処理する事が大事