第二種 第二種
  • インフルエンザ
    発症5日かつ解熱してから2日経過(幼児は3日間経過)
  • 水痘
    発疹が痂皮化したら
  • おたふく
    耳下腺腫脹が始まってから5日経過し、全身状態良好
  • 麻疹
    解熱後3日経過
  • 風疹
    発疹消失
  • プール熱(アデノウイルス感染症)
    解熱ならびにその他症状が改善してから2日が経過
  • 百日咳
    咳がなくなる、または5日間の抗生剤治療後
  • 結核
    伝染の危険性がなくなった
第三種 第三種
  • 腸管出血性大腸菌(O157)
    伝染の可能性がなくなった。
  • 流行性角結膜炎
    伝染の可能性がなくなった。
  • 急性出血性結膜炎
    伝染の可能性がなくなった。
その他 その他
  • 溶連菌
    抗生剤を1日以上内服し、解熱している。
  • ヘルパンギーナ
    解熱かつ食事ができる。
  • 手足口病
    解熱かつ食事ができる。発疹の残存は問題なし。
  • 伝染性紅斑(リンゴ病)
    解熱かつ食事ができる。発疹の残存は問題なし
  • マイコプラズマ
    症状改善し、基本的に元気
  • 嘔吐下痢症
    症状改善し、全身状態良好
  • hMPV・RS
    解熱し、呼吸器症状改善
通常出席停止はない
  • しらみ
  • みずいぼ(伝染性軟属腫):プールの際に条件あることもある
  • とびひ(伝染性膿痂疹):集団の場では被覆が必要。プールは治癒まで不可

 許可証作成希望での受診の際は、できる限り体温表を持参してください。
 登園・登校許可証の必要・不必要ならびに指定の用紙に関しては各保育園・幼稚園・学校に確認してください。

(用紙に関して指定がなければ、受診時に当院使用の用紙で許可証を作成できます)