傷の種類・対処法

基本的な処置方法

  1. 水道水やよく泡立てた石鹸でしっかり洗浄
    ⇒汚れや異物の除去が目的。除去できない場合には綿棒・歯ブラシを使用。(綿棒・歯ブラシでの洗浄は出血を伴う事もあり、できればクリニック・病院での処置が望ましい)
  2. 水分をガーゼ(できれば滅菌ガーゼ)でしっかり吸収する。こすると出血する事があるため、押し当てる。
  3. 創部をしっかり観察し、絆創膏やキズパワーパッド等で傷を覆う。
傷薬はむやみに使用しない!!

(傷薬といっても様々。誤った使用法で障害や感染を悪化させる事がある)

よくある質問

消毒は?
必要なし!!皮膚の再生に必要な細胞を傷害する。
(動物に咬まれた等の汚染時には消毒が効果的な場合もある)
病院・クリニックへの受診は必要?
基本的には、軽度な摩過傷(擦り傷)以外は受診したほうが良い(傷の治療は、はじめが肝心!!)

  • 緊急受診⇒止血できていない。動物に咬まれた(感染の可能性が高いため)
  • 早急に受診(できれば6時間以内)⇒皮下組織より深い傷(黄色いぶつぶつしたもの【脂肪】が見える傷)広い範囲の摩過傷
  • 早目の受診(できれば12~24時間以内)⇒軽度の傷(摩過傷等)感染時のチェック目的

身近な注意すべき外傷

  • 口の外傷
  • 外陰部外傷(陰部・おまたの怪我)
  • 上肢(手・腕)の外傷肘内障・上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折
  • 足の怪我スポーク外傷(自転車の車輪での足のかかとの怪我)
  • 頭部外傷

口の外傷

口唇外傷 口唇外傷
走って転倒し、その際にあごを打った。その後口の中に少量の出血と唇が腫れている

  • 床と上の前歯に挟まれて下唇が貫通している事が多い!!
  • しっかりと観察しないとわかりにくい。そのままだと感染しやすい
  • 早めにクリニック・病院でチェックしてもらう方が良い
上唇小帯切離(上唇と歯の間のすじ)・舌小帯切離(舌の裏のすじ) 上唇小帯切離(上唇と歯の間のすじ)・舌小帯切離(舌の裏のすじ)
受傷は上記と同じ。パッと見た感じで、口の中に出血があるが、どこからかはっきりしない。

  • 基本的によく口をゆすいで経過観察。早目に受診してチェックしてもらう方が安心

舌外傷 舌外傷
走って転倒し、その際にあごを打った。その後口の中に少量の出血

  • 上の前歯で舌を受傷している事が多い
  • 舌に幅5mm以上の傷または深そうな傷を確認できたらならば早急に受診!!
    (舌はもろく裂けやすい。また、受傷後に無意識のうちに前歯でこすってしまい、傷が大きくなるケースが多いため)

*時代劇の様に舌を噛んで死亡する事はない!(舌を噛む事で反射が起こり舌が喉に詰まり窒息する?)

外陰部(おまた)外傷


ブランコから飛び降りた際に棒でおまたを打った。または、自転車から降りるときにおまたを打った。

  • 受傷部位(赤斜線部 図1)は、男児・女児ともに尿道(おしっこの通り道)に近い
  • 見た目は大丈夫でも奥の尿道が損傷している可能性がある(怖がって見せてくれない場合でも、実際に見て受傷部位を確認する事が大事)
  • 必ず排尿(おしっこ)できるか確認!!
  • 排尿困難または血尿(+)の場合には、早急に受診(尿道損傷であれば緊急手術が必要な場合があり、時間との勝負!!

上肢(手・腕)の外傷

肘内障(ひじ関節の脱臼) 肘内障(ひじ関節の脱臼)

子供が転倒し、起こすために手首を急につかんで引っ張った。その後痛がって腕を動かさない
・早急にクリニック・病院受診し整復(脱臼をなおす)してもらう。

むやみに整復すると神経損傷や骨折を誘発する可能性がある⇒整復は必ず医療機関で施工してもらう!

上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折 上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折
走って転倒し、その際に手をついて受傷。その後肘部分を痛がり動かせない。
・早急にクリニック・病院受診しレントゲン検査・処置が必要

足の外傷(スポーク外傷)

子供が自転車乗車中または、子供を自転車(特にうしろ)に乗せていて、走っている最中に子供のかかとが車輪に巻き込まれて受傷

  • 汚い車輪での受傷のため汚染されかつ挫滅(ざめつ)された傷
  • アキレス腱等の組織が損傷されている可能性もある
  • 早期の十分な洗浄と適切な処置が非常に大事(できれば自宅等で簡単な洗浄後)
    早急にクリニック病院受診し、処置してもらう

頭部外傷

起こりうる事(重症の場合) 起こりうる事(重症の場合)
頭蓋骨骨折・脳震盪(のうしんとう)・頭蓋内出血
受傷後6時間以内が重要!! 受傷後6時間以内が重要!!
重症の場合は、1時間以内に嘔吐等の症状が発症する。また、重症でなくても6時間以内に頭蓋内に変化が起きる事が多い。
その為、できる限り受傷後6時間以内の受診が望ましい。また、受傷後24時間は必ず注意深く患児を観察する事が大事
危険な症状 危険な症状
けいれん・重度の頭痛・繰り返す嘔吐・骨の陥没・傾眠傾向・耳鼻から水が垂れる
⇒早急に救急病院受診!!
受診後すぐに泣いたら大丈夫? 受診後すぐに泣いたら大丈夫?
重度の脳震盪(のうしんとう)の場合、受傷時の脳震盪による意識消失のために泣かない事があります。しかし、泣いたとしてもその後の注意深い観察が必要です。
翌日以降注意する事は? 翌日以降注意する事は?
1歳以下の乳幼児は、稀に受傷後3週間~6ヵ月に慢性硬膜下血腫を発症します。
継続する嘔吐・継続する不機嫌・手足の片側を動かさない等の症状が出てきた場合には早期に受診

肘内障(ひじの脱臼)

上肢(手・腕)の外傷

肘内障(ひじ関節の脱臼) 肘内障(ひじ関節の脱臼)


子供が転倒し、起こすために手首を急につかんで引っ張った。その後痛がって腕を動かさない

早急にクリニック・病院受診し整復(脱臼をなおす)してもらう

むやみに整復すると神経損傷や骨折を誘発する可能性がある⇒整復は必ず医療機関で施行してもらう!

縫合術施行後(けがの傷を縫った)帰宅後注意事項

縫合術を施行されたお子様・ご家族様へ ~帰宅後の注意事項~

  • 受傷後24時間(特に6時間)は運動を控え、自宅でゆっくりしましょう。
  • 1日2~3回傷を石鹸で洗浄し、軟膏を塗りましょう。(入浴は指示があるまで控えてください。)
    洗浄時に出血した場合には、ガーゼや絆創膏で5~10分しっかり圧迫してください。(軟膏は直接指で触れず、1本ずつ袋に入った綿棒でぬり、その上に絆創膏等を貼りましょう)
  • お腹がびっくりして嘔吐しないように、受傷日の食事は消化の良いものを食べてください。また、乳児の場合は初回のミルク・母乳は少量にしてください。嘔吐が無ければ普段の量に戻してください。

※ケガによる傷に対して縫合術(糸やホチキスで縫った)をされた方は、帰宅後に以上のことに注意してください。

また、帰宅後に以下の様な症状が出た際には当クリニックまたは救急病院を再受診してください。

  • しっかり(10分以上)圧迫したが血が止まらない。
  • 指先の血色が悪くなってきている。
  • 傷がどんどん腫れてきている。
  • 機嫌がいつもより明らかに悪く、顔色も悪い。
  • 縫合した糸やホチキスが半分以上切れてしまった。
  • 普段と様子が明らかに会う。

子どもの傷跡(ケロイド)の治療(なるべく傷跡を消す治療法)

どんなに小さな傷でも、傷跡が全く残らない傷は残念ながらありません。しかしきちんと治療することで特に小児の場合は成長に伴い傷跡がわかりづらくなる可能性は高いです。

ケロイドとは?

傷を処置(糸で縫う・ホチキスで止める)すると、多くは1週間前後で抜糸(糸を抜く)します。その後1~2か月後に傷跡が赤く盛り上がってくることがあります。これを肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)といいます。この肥厚性瘢痕が消えずにひどくなってきたものをケロイドといいます。

ケロイドになりやすい要因
  • 九州や沖縄といった南方の方、またはケロイドができやすい家系
  • 化膿した(感染した)傷
  • 内服薬+軟膏治療(圧迫治療)
  • 内服薬+ステロイド治療
  • 手術(他院紹介)

治療開始時期は、受傷後1~2か月以降(肥厚性瘢痕形成時期)以降が目安です。詳細につきましては受診時に医師に相談してください。

治療法(当クリニックでの治療法)
  • 軟膏治療(圧迫治療)
  • 化膿した(感染した)傷
  • 皮膚に緊張がかかりやすい部位の傷
  • 成長期の傷(傷が伸びやすい)
  • しわに対して横切るような傷
その他
  • お母様の帝王切開後のケロイドの治療も可能です。お気軽にご相談ください。
  • リスクがある治療法ではないため、ダメもとで開始するのも一つの手段です。
  • 効果は人それぞれであり、治療が長期化(年単位)することもあります。
  • 他院での治療後でも対応可能です。