054-204-5529

〒422-8057 静岡市駿河区見瀬229-2
【診療時間】8:30~12:00 / 14:00~18:00
【休診日】火曜午後/土曜午後/日曜/祝日

包茎

正常の経過

  • 赤ちゃんは包皮と亀頭がくっついているのが普通
  • 包皮と亀頭のくっつきは自然に剥がれてくる
    (完全に剥がれるまでの年齢には個人差があり、6ヶ月児の80%、1歳児の50%、2歳児の20%、3歳児でも10%が剥けない)
  • 10歳を過ぎる頃になると、ほとんどの子供が剥ける

包茎の種類

真性包茎
包皮が剥けないために尿道口を露出できない
仮性包茎
包皮が剥けて尿道口を露出できるが、完全には剥けない包皮が剥けるが、ずっと剥けているわけではない

包茎で起こりうること

  • 嵌頓(かんとん)
    剥けにくい包皮がたまたま剥けた際に包皮が戻らなく(かぶらなくなった)状態
    嵌頓の状態が長時間(6時間以上)経過すると包皮が壊死し始める

    剥いた後はすぐに戻す(かぶせる)。戻せなければすぐに受診!!
  • 包皮炎
    包皮と亀頭の隙間で発症した感染
    包皮や亀頭が赤くはれて痛みがあり、膿が出ることもある

    繰り返す場合、尿路感染や将来的に不妊娠や陰茎がん等のリスクが上がる

    発赤が改善しない場合、痛みがあるまたは膿が出た場合には受診がベスト
  • 痛み・劣等感
    勃起時の痛みや、性交時の痛み、または劣等感等を抱くこともある
    10歳を過ぎる頃になると、ほとんどの子供が剥けるためそれまでは経過観察

    10歳以下でも受診し、治療の必要性の有無を相談することが望ましい
    ・包皮炎を繰り返す
    ・排尿時におしっこがまっすぐ飛ばない(周りに広がる)
    ・排尿時に包皮が風船みたいに膨れる
    ・よく陰部を触る癖がある

包茎の治療

  • 内科的治療(軟膏治療)
    ステロイド剤を使用し、包皮を柔らかくして剥けやすくする
  • 外科的治療(手術)
    手術で余剰包皮を切る
  • まずは専門医に診てもらい、適切な説明を受ける事が大事!!

陰茎の日常管理

清潔に保つ

  1. お風呂
    • 石鹸を使用し、痛がらない程度に包皮を剥いてしっかり洗う
    • 包皮を剥いた場合には、必ず元に戻す(包皮をかぶせる)
  2. 排尿時
    • できれば包皮を剥いて排尿(尿の飛び散りを防ぐ。無理に剥かなくてもよい)
    • 排尿時にも手を洗う(汚い手で包皮を触ることで感染することがある)
  3. 父親任せにしない
    父親は子供の包皮を剥いたり洗ったりすることが怖いことが多い

適切な方法で普段から対応し、習慣づけることが大事!!

© 2020 するがこどもクリニック | 静岡 | 小児科 | 小児外科 | 小児泌尿器科 | 外科